いまや薬局やコンビニなどで手軽に多くのサプリメントを手に入れることが
できるようになりましたが、その中で今回取り上げるのが「亜鉛」です。
この亜鉛にはどういった効果があるのか、まとめました。

まず、そもそも亜鉛はいわゆる必須ミネラルの一種で、
体の中の酵素をきちんと働かせるために必要な栄養素です。
この亜鉛が不足すると味覚障害を起こしたり、免疫力の低下が懸念されるほか、
子供の発達障害の原因となったり、成人男性ではEDの原因にもなると言われています。
通常、普通に食生活を送っていれば致命的な不足とはなりづらいといわれる亜鉛ですが、
この亜鉛を補給するサプリメントには免疫力向上・内蔵機能のアップ、
新陳代謝の活発化といった体内の活動を潤滑にする効果が期待されているほか、
いま巷でよく聞くキーワードとなった「妊活」にも効果を発揮してくれるのです。

現在、妊活を行っているにも関わらず、なかなか子宝に恵まれず、
不妊治療を行っている方は全国に50万人近い人数がいると言われています。
そのうち、不妊の原因の約4分の1である25%程度が男性側に原因があると
されており、様々な原因のうちの一つに男性の生殖機能の障害があるとされています。
勢力減退・勃起不全もこの障害の中に数えられており、
亜鉛の摂取はこの障害を取り除くことに大きな効果が期待されています。
もちろん、女性の妊活にもその効果が発揮されます。
女性の場合には排卵を促し、着床しやすくなるという効果と
生理不順を正し、正常な生殖活動をサポートするホルモンの働きを
活発にしてくれます。
亜鉛は葉酸と並んで妊活では代表的な栄養素で、葉酸と一緒に摂取することで
さらに効率が上がるといわれています。

亜鉛を多く含む食品には牡蠣、レバー、うなぎ、シジミ、豆腐といった
肉・魚介類・大豆製品があります。
亜鉛の吸収を効率よく高めるためにはビタミンCと同時に摂取することが
有効であるとされており、レモンやオレンジなどを一緒に採ることといったこともおススメです。
亜鉛はビタミンB類の仲間ですが、ビタミンB類は水に溶けやすく、
熱に弱いという性質があるため、通常の食材だけで摂取するのは案外大変ですので
亜鉛の摂取にはサプリメントでの補充が有効とされています。

逆に亜鉛の副作用としてはそれほど大きなものは心配されていません。
基本的に毒性はない栄養素であるため、極端な取りすぎをしない限りは
問題がないとされていますが、サプリメントの取りすぎで1日2000mgを超えて摂取すると
急性中毒を起こして体調不良の原因となる可能性があります。
また、慢性的に過剰摂取を継続した場合、泌尿器などの器官に悪影響を及ぼす
危険性が考えられますので注意が必要です。

亜鉛は極めて安全性が高く、体の機能を高めてくれるとても有効な栄養素です。
他の栄養素と同じく、意識のしすぎは禁物ですが、バランスよく摂取しつづけることで
疲労回復や精神的なバランスのコントロールといった毎日の生活レベルの根底を
底上げしてくれるとても重要な要素です。
普段から少し気にして摂取をこころがけることによって、
健康的で安らかな毎日を過ごせるようになりますので、積極的に摂取していきましょう。